カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

美味しいお茶の淹れ方(上茶の場合)

              ミドリおすすめの美味しいお茶の淹れ方をご紹介します。
        ミドリの煎茶(上茶)はこちら→正喜撰池の尾初倉藤袴飛鳥大納言
----用意していただくもの(3人分)-------------
  ・湯冷まし      ・茶葉(約6g)
  ・沸騰させたお湯  ・お茶碗3つ
----------------------------------------

     ①急須にお湯を入れ、急須を温めます。



②お湯を茶碗にいれます。
※お湯の分量を量るため・お湯を冷ますためです。
   ③湯冷ましに茶碗のお湯を入れます。
   ※よりお湯の温度を下げ、渋み成分が
     お湯の中に溶け込むことを抑え甘く
     まろやかなお茶にするためです。
   ●もし、湯冷ましがない場合は③の手順の
    代わりに①から②の手順をもう一度繰り返し、
    お湯を冷まして下さい。
④急須に茶葉を入れます。(約6g)
※中サイズのティースプーンに約2杯
   ⑤急須に冷ましておいたお湯を入れ一分半
    待ちます。
             ●ポイント●美味しいお茶を淹れるタイミングは茶葉をチェック!

まだ茶葉が開いていません。
もう少し待ちましょう。
   ↑
   茶葉がきれいに開いているのが分かります。
   このように茶葉が一枚一枚開いた時が
   淹れ時です。
⑥茶葉が開いた事を確認したら※まわし注ぎで
  濃さが均一になるように淹れます。
  最後の一滴に美味しさが凝縮されています
  ので最後の一滴まで出し切る事が重要です。
   ⑦※まわし注ぎについて
     まわし注ぎをすることによりお茶の濃さを
     均一にします。
     写真のように①→②→③と少しずつ
     注いだら③の茶碗にもうひと注ぎし、
     折り返して ②→①へと戻ります。
        ●味が濃い場合は、お湯を入れ、お好みの味に調整して下さい。
        ●味が薄い場合は、茶葉の量を多めにして抽出量を長めにして下さい。

美味しいお茶の淹れ方(並茶の場合)

              ミドリおすすめの美味しいお茶の淹れ方をご紹介致します。
              ミドリの煎茶(並茶)はこちら→喜撰喜撰(102号)
--用意していただくもの(3人分)------------
  ・茶葉(約6g)     ・沸騰させたお湯
  ・お茶碗3つ      ・急須          
-------------------------------------
   ①お湯を茶碗に入れます。
   ※お湯の分量を量るため、お湯を冷ますため
     です。
②急須に茶葉を入れます。(約6g)
※中サイズのティースプーンに約2杯
  ③茶碗のお湯を急須に入れ、約1分待ちます。
           ●ポイント●美味しいお茶を淹れるタイミングは茶葉をチェック!

まだ茶葉が開いていません。
もう少し待ちましょう。
   ↑
   茶葉がきれいに開いているのが分かります。
   このように茶葉が一枚一枚開いた時が
    淹れ時です。
④茶葉が開いてない事を確認したら※まわし注ぎで
濃さが均一になるように淹れます。
最後の一滴に美味しさが凝縮されていますので
最後の一滴まで出し切ることが重要です。

   ※まわし注ぎについて
    まわし注ぎをすることによりお茶の濃さを
     均一にします。
     写真のように①→②→③と少しずつ
    注いだら③の茶碗にもうひと注ぎし、
     折り返して②→①へと戻ります。
            ●味が濃い場合は、お湯を入れ、お好みの味に調整して下さい。
            ●味が薄い場合は、茶葉の量を多めにして抽出量を長めにして下さい。

美味しいお抹茶の点て方

難しいイメージがあるお抹茶の点て方ですが、コツさえつかめば簡単に点てられるように
なります。手軽に美味しくお抹茶を点ててみませんか?

 [ミドリのお抹茶はこちら→上別儀初みどり梅衣蓬莱好の白千代昔

●抹茶を点てるポイント●
・抹茶の量:茶杓山盛り1杯程度(1.5g~2.0g)
・湯温:100cc
・温度:60℃~70℃
1)2)
抹茶

お茶碗に、お湯を淹れて温めます。お湯の中で
茶筅をかき回して温めます。
お湯を捨てて、布巾(茶巾)で、お茶碗を回し
ながら拭きます。
3)4)


お抹茶を茶杓で山盛り1杯程度入れます。
※抹茶は、お抹茶篩でふるっておくとダマに
  なりにくいです。
お湯を約100cc注ぎ淹れます。
5)6)


お茶碗の底に、茶筅を当てないように素早く
縦にかき混ぜます。
細かい小さな泡が立ちましたら、最後に
茶筅を「の」の字を描くようにくるっと回して
引き上げて出来上がり!
   ※夏は、お水で点てる場合もありますがその際にはお抹茶を多めに入れて下さい。

ページトップへ