カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

美味しいお茶の淹れ方(上茶の場合)

              ミドリおすすめの美味しいお茶の淹れ方をご紹介します。
        ミドリの煎茶(上茶)はこちら→正喜撰池の尾初倉藤袴飛鳥大納言
----用意していただくもの(3人分)-------------
  ・湯冷まし      ・茶葉(約6g)
  ・沸騰させたお湯  ・お茶碗3つ
----------------------------------------

     ゝ淇椶砲湯を入れ、急須を温めます。



△湯を茶碗にいれます。
※お湯の分量を量るため・お湯を冷ますためです。
   E鯲笋泙靴肪穗劼里湯を入れます。
   ※よりお湯の温度を下げ、渋み成分が
     お湯の中に溶け込むことを抑え甘く
     まろやかなお茶にするためです。
   ●もし、湯冷ましがない場合はの手順の
    代わりに,ら△亮蟒腓鬚發Π貪抃り返し、
    お湯を冷まして下さい。
さ淇椶肪稷佞鯑れます。(約6g)
※中サイズのティースプーンに約2杯
   サ淇椶卜笋泙靴討いたお湯を入れ一分半
    待ちます。
             ●ポイント●美味しいお茶を淹れるタイミングは茶葉をチェック!

まだ茶葉が開いていません。
もう少し待ちましょう。
   ↑
   茶葉がきれいに開いているのが分かります。
   このように茶葉が一枚一枚開いた時が
   淹れ時です。
γ稷佞開いた事を確認したら※まわし注ぎで
  濃さが均一になるように淹れます。
  最後の一滴に美味しさが凝縮されています
  ので最後の一滴まで出し切る事が重要です。
   Б┐泙錣恵蹐について
     まわし注ぎをすることによりお茶の濃さを
     均一にします。
     写真のように、□と少しずつ
     注いだらの茶碗にもうひと注ぎし、
     折り返して □,悗般瓩蠅泙后
        ●味が濃い場合は、お湯を入れ、お好みの味に調整して下さい。
        ●味が薄い場合は、茶葉の量を多めにして抽出量を長めにして下さい。

ページトップへ